麻布十番クラーレは整体、マッサージが初めてでも安心です。

ぎっくり腰、寝違えになってしまった場合・・・
悪化させない為の注意点とは?

意外と知らない?
ぎっくり腰や寝違えになった直後に悪化させている行為
  •  熱いお風呂に浸かってしまった。
  •  温シップを貼ってしまった。
  •  痛いところをよ~く揉んだ。
  •  お酒を飲んだ。

上記の項目を行った方々は症状を悪化させて来院されます。
※動けないくらい”痛い”、這いつくばってしか”動けない”という様な時は自宅で安静にしましょう。

どうしても施術を受けたいという状態の目安

当院に歩いて来院出来るのであれば施術は可能です。
その際には気をつけて御越し下さい。

※人の手を借りないと動けない状態は自宅で“安静”してください。
又、痛み止め等の薬を飲んだあとは正確な検査が出来ない為、
すぐにはお受けできません。


ぎっくり腰の対処方
(他の部位でも急に痛くなった時)

※一人で起きられないときは医師の診察を受けてください。
初期の対処法はアイシング安静です。

アイシング

初日から2日間は必ず患部(一番痛い部分)をで必ず冷やすことをおすすめします。(冷シップでは駄目です。)

15分冷やす→15分放置→15分冷やす→15分放置→15分冷やす→15分放置。
        計90分を基本に朝・昼・夜

【注意】
ただ単に冷やせば良いと言うわけではありませんので長時間は冷やし続けないで下さい。
患部を冷やし続けると炎症がさらに強まってしまいますので20分以上冷やし続けることはしてはいけません。

安静

楽な姿勢で寝てください。

※どうしても、その日は仕事などがあって安静にできない場合には応急処置としてコルセットなどを腰に巻いて固定してください。
動いてないのに痛い、寝ていても痛い時は専門の医療機関で診察を受けてください。

当院での処置

正直なところ『痛みだけ』を取るのであれば痛み止め注射が手っ取り早いかもしれません。

しかし、ただ痛みを感じなくしただけではまた繰り返してぎっくり腰になってしまう確率が高いのです。

ぎっくり腰というのは痛めたときに体のバランスが崩れたわけではありません。
日常の生活習慣や体の使い方・姿勢などによって徐々にぎっくり腰になりやすい身体に変化しているのです。

当院では整体は身体を本来の動きやすい状態に重点を置きます。
動きづらいと言うことは身体の中の何かが邪魔をしているようなものです。
初回で痛みが良くなる人、痛みは残るけど腰が曲げやすくなる、歩くのが辛かったが歩きやすくなる等その方の状態によって効果は異なります。
二度とこの辛いぎっくり腰にならないために『再発しにくい体』に変えていきましょう。

ぎっくり腰は早期整体
六本木,渋谷,白金,高輪,三田,目黒,新宿,銀座,麻布,恵比寿から来院。
☆☆☆ お知らせ ☆☆☆
一日3名様限定で整体体験 (前日までのご予約のみ)
(産後骨盤・頭痛対応)
初見料 込み 5000円
『きちんと良くなりたい。』
あなたの為に
初回限定の整体体験の詳細はこちら

東京都港区麻布十番2丁目13番地-10エンドウビル5F(501)