ウルフギャング【ワイキキ・ステーキ】

クライアントさんから「ウルフギャング」って美味しいよ♪

て聞いていましてハワイで行って参りました。

でも相当、悪そうなネーミングですね(汗)

狼な上にギャングって。

ステーキが有名なレストランの名前です。

curare.blog~麻布十番の整体院、院長の『ひとり言。』

でも、名前のインパクト以上にステーキもインパクトがある美味しさでした☆

なんでも、お肉を『28日間かけて熟成させる』みたいです。

タンクトップで行ってしまったため、恥ずかしながらドレスコードに引っかかりテーブルではなくBARカウンターに案内されました。

女性バーテンさんが二人だけでBARカウンターを切り盛りしていて、とても忙しそうでした。

ビールの入れ方も

ドバーーーー!

って注いだと思ったら、泡を捨てもう一度

ドバーーーー!!ってな感じで。

お通しも香ばしい『ポテトチップ』

curare.blog~麻布十番の整体院、院長の『ひとり言。』

お腹が空いていたので1皿目を平らげたら、勝手に同じものがまた出てきました。

そして、待ちに待ったステーキ☆

curare.blog~麻布十番の整体院、院長の『ひとり言。』

28日間、熟成されていただけあって、本当に美味かったです!!!

アメリカの肉だけど、和牛の様に旨みと程よい柔らかさもありました。

でもやっぱりボリュームがあります。

ライスも頼みましたがライスは半分以上残してしまいました。。。

サイドメニューは頼まず、ステーキオンリーでしたが肉だけで満腹です。

明るくキュートなパツ金バーテンさんも話しかけてくれるし楽しかったです☆

ここはかなりオススメです!!

また、食べたいな~。

また、またハワイネタ・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です