滋賀に行きました。

当院で取り扱っているオーガニック酵素ドリンクの工場見学の為に久しぶりに関西に遠征しました。

場所は比叡山の麓にあります。

自然がたくさんあり空気も綺麗な所です。

工場見学の前に酵素エキス工場の社長さんのセミナーです。

そこでは酵素エキスを作るきっかけとなった事。
近年の発癌率の増加について等。


酵素エキスの研究データ等を聞きこだわりを追及した社長の熱い思いを感じました。

  • 何故、この酵素エキスはすべて手作業で時間をかけて2年の歳月がかかるのか?(ペーストは4年熟成)
  • 何故、有機栽培のみの野菜を使うのか?
  • 何故、飲むと体調の変化を感じる事が出来るのか?

じっくりと時間をかけて作られる理由

まず、原材料の野菜達は旬の野菜を使います。
今では野菜は1年中好きな野菜を食べることが出来ますが、本来ならキャベツは春、トマトは夏と季節によって収穫できる野菜があります。

さらに旬にとれる野菜は栄養価も高いです。

収穫した野菜は水で手洗いします。

その後、230㎏分の野菜と黒糖を樽に敷き詰めて自然発酵させます。
水も使いません。
熟成すると酵素エキスは10%も減ってしまいます。

室温20℃、湿度60%を1年中保った部屋で2日に1回エキスを混ぜて、クラシック音楽を聞かせます。

空調は1年通して一定なのに春になると発酵が強いようです。

不思議ですよね。

1樽230㎏分の野菜エキス

樽ごとに違う野菜を熟成させてエキスを抽出し1年後に各エキスを合わせてさらに1年熟成させます。
酵素ドリンクになるまでに2年かかり、さらに酵素ペーストは2年の熟成して4年で出荷します。

有機野菜のみを使う理由

一般的に売られている野菜は見た目も綺麗、サイズも整っている、1年中野菜が買えるなど今の社会に合っています。

しかし、それらの野菜には農薬、化学肥料などの薬品が欠かせません。

例えば昔はキャベツを切った時に青虫が付いていてそれがトラウマになった。という話を聞きました。

今じゃ、なかなか聞かない話ですが今のキャベツには青虫が近寄らないようです。

キャベツ自体には農薬はを使っていなくても畑の土に農薬がまかれていてその土で育ったキャベツを食べた青虫は死んでしまうそうです。

化学肥料も使うことで安定した育成と収穫が確保できます。

この様にすれば季節を問わず買う事の出来る野菜、 虫が食わない野菜 が出来て見た目に綺麗な野菜がお店に並ぶわけです。

他の酵素ドリンクメーカーはこの様な農薬を使った生産効率の良い野菜を使っているところが殆どです。

他メーカーの酵素ドリンクより原液の濃度が濃い

酵素業界は結構ヒドイ業界のようでほとんどのメーカーの酵素ドリンクは原液をかなり薄めているようです。

酷いと10倍に薄めて販売し殆どがオリゴ糖等を使っているようです。

私も以前、他のメーカーの酵素ドリンクを飲みましたが甘すぎて飲めませんでした。

こちらの酵素ドリンクは水も一切使わず他のメーカーよりエキスの濃度が濃いです。

この為、当院で扱うビターナルの酵素ドリンクを飲まれた方は『便秘薬を飲まなくなった』、『疲れにくくなった』、『代謝が上がり理想体重に戻った』等と喜ばれています。

さらにこちらの酵素は胃酸などの強酸に対して耐性があるので、腸まで酵素エキスが行き届く様です。

大学、研究機関で検証実験をしているので色々な証明書、特許を取得しています。

今回の工場見学をしたことによりこちらの社長さんの強いこだわりとユーザーさんの健康を心から願ってこの酵素エキスを作られたんだと思いました。

今も この酵素エキス の研究を続けている社長さんに感謝申し上げます。

日本人には塩が足りない!

書籍【日本人には塩が足りない】


冷え性、便秘、下痢、胃下垂、胃腸が弱い、気持ちが落ち込みやすい、熱中症、倦怠感などは減塩によるものと書かれています。
しかし、ここでの“塩”は精製されていない天然で昔ながらの製法による“ミネラルが含まれる塩”の事です。注)食卓塩やア◯シオではありません。
ミネラルが不足すると血中のミネラルバランスが崩れて上記の症状がおきます。


確かに近年、この時期になり暑くなると熱中症で倒れたニュースをよく耳にします。
予防策として【塩飴、経口補水液】を取りましょう!と言われますが減塩と言いつつ塩を取れと言うのは私は前から疑問に思っていました。
(注意)腎臓に持病がある方は塩分は気をつけるべきです。
しかし、健康な人は積極的に天然の塩を取る方が健康に良いです。
何故なら、、日本の気候が湿度が高い為に汗をかくとベタベタしてミネラルが体外に出てしまいます。

(例えば汗をかくとTシャツが白くなる)

海外は乾燥していてミネラルが出ないので汗をかいてもサラサラです。

食生活も関係していて、欧米人は肉食です。

肉にはナトリウムが含まれているのと、気候的にナトリウム、他ミネラルが体内に残り易い為に食事での摂取は1日に10g以下を推奨されています。

それをそのままミネラルが体外に出やすい気候の日本に持ち込み減塩を推奨すると、「日本人には塩が足りない」と言うわけです。

なので、これから湿度の高い日々が続くので外に出る日の朝食はご飯、味噌汁、漬物とおかずの組み合わせが良いと思います。

小さなお子さんがいる家庭では公園など外遊びをする時は麦茶を携帯すると良いでしょう。

そして、うちに通われている多くの女性の朝食事情をお聞きすると「フルーツとヨーグルト」を食べている方が非常に多いです。

さらにこの様な朝食を取られている方は「冷え性」がとても、多いのも事実です。

フルーツにはカリウムが含まれています。

カリウムは体内の塩分、すなわちナトリウムを体外に排泄し易くしてその結果、塩不足による倦怠感、冷え性などおきやすくなります。

東北地方の食事は塩辛い食事が多い印象ですがそれは塩分を取る事で血圧が上がるからです。

血圧が上がれば体温も上がるので寒さ対策になります。

冷え性の方は少し天然の塩を取ってみてはいかがでしょうか?

でも、先に述べた様に腎臓などに持病がある方は減塩は大事ですので取り過ぎには気をつけて下さい。

塩を必要以上取ると喉が渇きます。すると水をたくさん飲み余分なナトリウムを尿として排泄する事が出来ます。

健康な方で塩不足による症状が当てはまる方は「いい塩梅」の食生活を考えてみて下さい。

それでも塩に抵抗がある方はミネラルを豊富に含んだ酵素ドリンクか“にがり”がオススメです。

【日本人には塩が足りない!―ミネラルバランスと心身の健康 】

https://amzn.to/3NtZx5E